ペニスへのヒアルロン酸注入による早漏防止

早漏を治療する方法としては、脳内の神経伝達物質にはたらきかけるような内服薬を継続的に服用したり、または刺激に対して鈍感になるような外用薬を局部に塗ったりという方法がありますが、そのほかにも、病院での外科的な治療という方法が残されています。
たとえば、男性のペニスにヒアルロン酸などの物質を直接注入するという方法は、比較的以前から早漏防止のための治療方法としてよく知られているところです。痛みを防止するために局所麻酔をかける必要はあるものの、施術の時間は標準的には数分程度ですので、大規模な手術のようなものを想像していた人にとっては拍子抜けの方法かもしれません。
このヒアルロン酸というのは、現在ではどちらかといえば女性向けの美容整形や化粧品の成分などとして話題となることが多く、肌の保湿効果を高めるほかに、顔のしわを埋める場合の充填剤としての皮膚注射で用いられることがあります。人間を含めて、動物の組織には広く存在している物質ですので、人体との親和性も高く、注入したとしてもとくに副作用などの問題が発生するものではありません。
早漏という現象は、男性のペニスへの刺激によって、性的な興奮状態が過度に高まってしまうため、女性を満足させるには不十分なタイミングで射精をしてしまうというものです。そのため、ペニスにヒアルロン酸のような物質を注入して、刺激をできるだけ抑制するようにすることで、早漏を防止するという効果が期待できるのです。
ヒアルロン酸のかわりとして、本人の余分な脂肪を採取してペニスに注入することもありますが、これも効果や目的は同様であるといえます。むしろ、本人の体内にあった脂肪を使うため、さらに安全性は高いということがいえます。