包茎手術を受けるには泌尿器科を探す

包茎とは陰茎と包皮の長さのバランスが不釣合いなため、亀頭が露出していない状態のことをいいます。
程度は人によって異なり、簡単に手で剥ける程度の仮性包茎から、完全に勃起してもまったく亀頭が露出しない真性包茎までさまざまです。
また、手で剥くことはできるけど包皮口が狭いために亀頭を締め付けてしまって元に戻らなくなるカントン型包茎というものもあります。

包茎はそれ自体は個人差であって病気ではないので、必ず治療が必要だというものではありません。
しかし中には包茎のせいで排尿がうまく行えなかったり、性行為の最中に包皮がこすれて痛みを感じたり、あるいは垢がたまりやすくなって不潔だったりと、生活に支障をきたすこともあります。
そんなときは、治療を行って包茎状態を解消する必要があります。

包茎の治療としては、簡単なところでは手を使って包皮の剥けぐせをつける、剥いた包皮が戻らなくする市販の矯正具を使用するといった自己治療があります。
しかしそれでも状態が改善しない場合や、手で剥くことさえできない程度のものである場合は、医師による外科手術によって治療することになります。
包茎手術を受けるには泌尿器科に行くのが普通ですが、一部の皮膚科でも対応しているところがあります。